リースナブル 新車

全国規模でカーリースサービス展開しているリースナブルについて投稿していきます。

リースナブル ハリアー

リースナブルでは、トヨタの人気SUVハリアー

ラインナップに入っています。

 

このハリアーを契約する時に選べる

グレードは、ELEGANCEとPREMIUMの

2種となっていて、最上級グレードの

PROGRESSは、現在ラインナップされて

いないようでした。

車種、グレードに関しては、

随時、拡大させていくようなので、

今は無いグレードも、将来的に

選択できるようになるかもしれませんね!

 

また、ハリアーに関しては、

ハイブリッドの設定もなかったので、

今後に期待したいところです。

リースナブル 車

リースナブルで取り扱っている車の種類は、

国産車27車種、外国車7車種となっています。

 

これは、カーリース業界の中でもトップクラスの

ラインナップだそうですよ~

 

このラインナップは随時拡大をしていくそうで、

人気、売れ筋の車種から加えていってるみたいですね。

リースナブル 車 口コミ

リースナブルで取り扱っている車種は、

国産車で27車種、外国車で7車種と

カーリースの業界ではトップクラスの

ラインナップを誇るそうです。

その為、利用者の方々からの評判も良く

口コミサイトなどでも、ラインナップが

豊富とのコメントが多く目につきました。

 

実際に利用する際には、選択肢が多いに越したことは

ないですね。

 

このラインナップは随時拡大させていくようで、

利用者にとっては、ますます選択の幅が増えそうですね。

 

 

 

 

リースナブル 仕組み

カーリースのリースナブルの仕組みは

3年後、5年後の残価を設定する残価設定型プランに

分類されると思います。

 

この残価があるから、月々の支払が

リーズナブルな価格で新車に乗ることが可能に

なるのです。

前の記事にも書きましたが、

残価を設定するいじょう、走行距離に制約が発生します。

しかし、月間、年間であまり乗らないようなら、

カーリースはメリットだらけの方法だと

思います。

 

 

 

 

 

リースナブル デメリット

リースナブルを利用するうえでデメリットと言えるとしたら、

やはり、月間、年間の走行距離の縛りではないでしょうか。

 

でも、これはしょうがないことだと思います。

 

残価を設定するいじょう、これは避けては通れないと

思いますよ。

 

あとは、使用する人がうまく使うようにするだけだと

思います。

 

契約する際には、この辺の説明があると思いますので、

条件が自分にマッチする人はそこで契約といった流れに

なると思います。

 

月間、年間の走行距離がそんな乗らない人は

カーリースはまさにピッタリな車との付き合い方だと

思いますよ~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リースナブル 走行距離

カーリースのリースナブルでは、

車のリース契約をする際に、

月間、年間の走行距離に制約が発生します。

これは、一般的な残価設定プランと

同じ仕組みなんですよね~

 

カーリースもある意味、残価設定型

なんですよ。

一般者の契約では、月間750㎞、5年間で45000㎞の

走行距離になるようです。

 

走行距離が超過した場合は、1㎞につき15円の追加金が

発生するそうです。

 

 

 

リースナブル 審査

カーリースのリースナブルでも

一般的なローンと同じように、契約する際に

審査があるようですね。

 

この審査基準は、ネット上で探しても出てこなく

公式ホームページにも記載されていないので、

おそらく公開されていない感じですね。

 

実際にリースナブルと契約している人の口コミでも

審査が厳しいといったコメントも出てこないので、

審査が特別厳しいって感じではないみたいです。

一般的なローンの審査基準と同じと思っていて

問題はなさそうですね。